wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

Windows

更に進化したWindows 10 Technical PreviewをVMwareにインストールする

投稿日:

先日のMSの発表でWindows10のアップデートがきました。かなり機能改善されている上に日本語対応しているので、VMwareにクリーンインストールしてみます。

以下自己責任でお願いします

セットアップ準備まで

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-iso

にアクセスし、日本語版isoをDLします。特に理由がないなら64bit版をDL

screenshot.1

VMwareを起動し、新規仮想マシンを作成

screenshot.2

後でOSをインストールを選択、ゲストOSはWindows 8で。64bitならx64

screenshot.3

マシン名をWindows 10 TP x64にしました。お好きにどうぞ。保存場所はデフォルトでOKです。自分はSSD環境なので、HDDドライブに保存場所を変更しました。

screenshot.4

余裕を持って120GBくらいにします。64GBでもいいけど、アップデートとかしてたらすぐ容量なくなっちゃいそうなので念のため。

完了を押す前にハードウェアのカスタマイズをします。


ハードウェアのカスタマイズ

私はこのようにしました。

メモリが少ない人は、2GB、4GBでもOKです。CPUコア数はPCが扱える最大コア数に変更します。

CD/DVDには先ほどDLしたWindows10のisoイメージを選択します。

ネットワークはブリッジにしましたがNATでもOKです。その他はいじりません。

 

screenshot.7

では先ほど作成した仮想マシンを選択して「仮想マシンの再生」をクリック

セットアップ

screenshot.8

次へをクリックし、指示に従ってインストールしていきます。

 

screenshot.9

カスタムの方を選択します。

 

screenshot.10

作成したHDDは1つだけなので次へ。パーティション分けたい人はここでやっておきましょう。

 

screenshot.11

ひたすら待つ。完了したら一度再起動をはさみます。

screenshot.12

簡単セットアップでいいと思います。

不安なら自分で設定するを選んでください。

アカウントセットアップ(ローカルアカウント)

今回はMicrosoftアカウントではなく、ローカルアカウントを作ります。

既にMicrosoftアカウントを持っている場合はここでサインインして、ローカルアカウントの部分は飛ばしてください。

screenshot.13

 

「新しいアカウントを作る」をクリック

 

アカウント作成画面を一番下までスクロールさせ、「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」を選択

screenshot.14

 

screenshot.15

ユーザー名、パスワードを設定します。

少し待つとデスクトップが現れます。また色々と変わっている模様

screenshot.16

 

VMware Toolsのインストール

あともう少しです。

VMwareのメニューから Player -> 管理 -> VMware Toolsのインストール

screenshot.17

 

VMwareToolsのインストーラーが自動起動します。自動起動しなかったらエクスプローラーから自分で起動させます。

screenshot.18

 

インストールウィザードは 次へ 連打でいいです。

インストールが完了したら、再起動します。

 

screenshot.19

解像度の変更もできるようになりました。お疲れ様でした。

それでは良いWin10TPライフを


-Windows

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

【サーバー・NAS設定編】SambaやNASの転送が遅い時の対処法

SambaやNASの転送が遅いという方のために自分が試した対処法をつらつら書いていきます。 この記事は【サーバー設定編】です。 【LAN設定編】はこちら【LAN設定編】SambaやNASの転送が遅い時 …

DPC Latencyが原因の音飛びを改善する方法まとめ

DPC Latencyによる音飛び、プチフリの原因は多岐にわたり、なかなか直すのが難しかったりします。 DPC Latencyを低く抑えるため自分がやった対策をまとめてみました。レイテンシを無くすため …

SSDの容量を圧迫しないためにシンボリックリンクを使ってみる

SSDがかなり広まった今日、容量不足に悩んでいる人は多いはず。SSDにあるファイルをHDDに移し、かつSSDのパスからアクセスできるように「シンボリックリンク」を使ってみます。 SSDがCドライブ、H …

【LAN設定編】SambaやNASの転送が遅い時の対処法

SambaやNASの転送速度が遅いという方が結構多いらしいので、いくつか記事を分けて解決法をつらつら書いていこうと思います。 この記事は【LAN設定編】になります。また、SambaやNASの記事は過去 …

FFFTP、まだ使っているんですか?他に乗り換えるクライアントは?

FTPクライアントとしてFFFTPは有名で長らく使われてきましたが、既に2011年に開発終了しておりその後のバージョンは有志によるオープンソースプロジェクトとして動いています。しかもそのプロジェクトも …