wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

PINE 64でArch Linux +パーティション拡張

      2016/04/10

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrPin on Pinterest

PINE64 が届いたのでAndroid に引き続き Arch Linuxを入れてみようと思います。Arch Linuxと言っても、既にイメージが用意されているのでそれを使います

必要なもの

  • 8GB Class 10以上のmicro SDHC / XCカード
  • Windows PC

例によってAndroid を導入した時と同じSDカードを利用します

IMG_20160409_014532

イメージダウンロード

ここ【Pine A64 Software Release】からArch Linux のイメージをダウンロードして解凍しておきます。

私がDLした時のイメージ名は「Arch Linux Image with XFCE4 Base on Longsleep Image 20160304-1」でした

microsdをPCに接続して、Win32 Disk Imagerを起動します。ない人はここからDL

 

screenshot.211

右上のフォルダマークから、DLしたArch Linux のイメージ(imgファイル)を指定して「Device」の項目でmicroSDが指定されているか確認します。

準備ができたら「Write」ボタンを押す

screenshot.212

こうなれば成功


起動

microSDをPINE64に挿入して起動します。

起動成功。デフォルトアカウントとパスワードは以下。パスと不要なアカウント、ホストネームは変更しておいたほうが良さそう

idpwd
rootroot
alarmalarm
guestguest

パーティション拡張

イメージで焼きこむパーティションは3.6GBほど。今回使ったmicroSDカードは16GBなのでどうしても後のパーティションが余ってしまいます。パーティションを拡張して容量最大限に使えるようにします。

screenshot.213

ここからはLinuxの作業です。PINE64の電源を切って、microSDをLinuxマシンに接続してください。Linuxは仮想マシンでもOKです。

fdisk を利用する場合

fdiskを利用する場合です。

microSDのデバイス名は間違えないように

最後に、リサイズコマンド実行


GParted を利用する場合

Gnome系採用のディストリビューションなら入っています。GUI環境ならGPartedを利用するほうが楽でミスも少ないです。

screenshot.215

拡張したいパーティション(rootfs)を右クリックして「リサイズ/移動」を選択

screenshot.216

パーティションサイズを右に目一杯広げる

screenshot.218

「すべての操作を適用します」ボタンを押す。

以上です。GUI環境ならGPartedがほんとうに楽です。

再度起動

ではmicroSDをさしてもう一度起動します。

ちゃんと拡張されています。これでスタート地点に立てました。お疲れ様でした

 - PINE64, Raspberry Pi