wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

スペックから見る PINE64 と Raspberry Pi 3 の方向性の違い

      2016/05/17

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrPin on Pinterest

格安の手のひらコンピュータとして有名になった「Raspberry Pi」ですが、流行を機にある程度の互換性を保ったりコンセプトを似せたSBC(シングルボードコンピュータ)が多く出まわるようになりました。

PINE64 もその一つで、(発表当時は)『世界初の64bit CPU 搭載SBC』としてkickstarterでは一躍有名になりました。最終的に発売はRaspberry Pi 3 に先を越されてしまったのですが、私はPINE64のKickstarterプログラムに参加し、購入しましたのでRaspberry Pi と何が違うのかをこの記事では述べていきたいと思います。(まだ届いてないので、来たらレビューします)


スペック

PINE 64にはいくつかエディションがあります。最上位はRaspberry Pi 3を上回るスペックです。

PINE64スペック表

PINE 64PINE64+PINE 64+ 2GB
価格$15$19$29
CPUAllwiner A64, 64bit Quad Core, ARM A53 1.2GHz
GPUDual Core Mali 400-MP2
RAM512MB DDR31GB DDR32GB DDR3
LAN10/100 Mb Ethernet10/100/1000 Mb Ethernet
 USB2 x USB 2.0 host
 出力4K 対応 HDMI
 ストレージMicroSD 最大 256GB
 その他3.5mm ステレオジャック/マルチチャンネルオーディオHDMI/ビルドインクロック/3.7V充電回路左記に加えて

5メガピクセルカメラポート/4レーンMIPIポート/タッチパネルポート

Raspbery Pi シリーズスペック表

Raspberry Pi 2Raspberry Pi 3
価格$35$35
CPU32bit Quad-core ARM A7 900MHz64bit Quad Core ARM A53 1.2GHz
 GPUBroadcom VideoCore IV 250MHzBroadcom VideoCore IV 400MHz
RAM1GB DDR31GB DDR3
LAN10/100 Mb Ethernet左記 + 11n WiFi + Bluetooth 4.1
USB4 x USB 2.0 host
 出力4K 対応 HDMI
 ストレージMicroSDHC

GPIOや細かなインターフェースは省かせていただきました。

PINE64とRaspberry Pi との違い


価格

同等性能と思われるRaspberry Pi 3は価格が$35ですから、それに比べてPINE64+の$19の安さが目立ちます。特筆すべきなのは、RAM容量が2GBとなるバージョンが有ることです。それでもPINE64+ 2GBバージョンは$29とRaspberry Pi 3よりも安価になります。

LAN, Wireless Ethernet

LANの項目を見るとPINE64 +以上のモデルは1Gb Ethernetに対応しています!これは非常に大きな違いです。Raspberry pi シリーズは最新の3も含めて、LANが100Mbのものしかなく、メディア・ファイルサーバーには不向きでした。1Gb対応になるとネットワーク関係でできることが大幅に増えます。

対してRaspberry Pi 3では11n WiFi モジュールと Bluetoothモジュールをビルドインしています。Pi 3での大きな特徴です。Wirelessに対応していて$35という価格は恐ろしいくらいに安いのではないでしょうか。ケーブルを配置する環境のない現場での運用(IoT等)を本格的に意識し始めたような気がしますね

USBインターフェース

PINE64の非常に残念な点です。Raspberry Pi 2,3ではUSBが4ポートありましたが、PINE64では2ポートしかありません。PINE64を無線運用にしたい場合、ドングルで1ポート埋まってしまいます。Raspberry Pi model bは代々4ポート搭載していましたので拡張性の高さが伺えます。

GPU

実はGPUを見るとPINEとRaspberry Piの方向性が決定的に違うことがわかります。

Raspberry Pi シリーズではずっと、GPU部に『Broadcom VideoCore IV』を搭載しています。このVideoCore IV はMPEG2のハードウェアデコーダーとH.264/AVCのハードウェアエンコーダーを搭載しています。(MPEG2ハードデコーダーはライセンスの購入が必要)

それに対してPINE64はAllwiner A64というSoCを搭載しており、GPU部に『Mali400 MP2』が載っています。Mali400にはH.264/H.265 のハードウェアデコーダーと、H.264 1080p @ 60fpsのハードウェアエンコーダーを搭載しています。

この事実についてわかることは、ラズパイはカメラ等の映像をエンコードする目的でGPUを利用するという想定で、PINE64ではモダンなコーデックのデコーダーを搭載することでセットトップボックスなどのメディアプレーヤー等にも使えるよう想定しています。

購入を迷ってる人は用途で決めよう

PINE64はRaspberry Pi対抗として作られた製品ですが、互換性がどの程度あるかは未だよくわかりません。しかし、スペックからRaspberry Piとは別の使いみちをして欲しいという主張が読み取れます。

サーバーとして利用したり、動画を再生したり、Androidを動かしたいという場合は迷わずPINE64を選択すべきです。

一方、他のデバイスと連携したり、電子工作を行いたい、主にIoT利用の場合はRaspberry Pi 2/3 を購入すべきでしょう。

Raspberry Pi 対抗と言いつつも、Raspberry Pi と完全に住み分けた製品であるといえます。

レビューは今度

Early Marchに届くはずでしたが少々遅れているようです。発送作業は進んでいるそうなので気長に待ちます。

PINE64 公式サイト

https://www.kickstarter.com/projects/pine64/pine-a64-first-15-64-bit-single-board-super-comput/description

 - PINE64, Raspberry Pi