wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

Raspbian でKodi15.1をインスール

   

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrPin on Pinterest

Raspberry Pi ではXBMCがワンセットになったOPENELECや、RASPBMCがありますが今回Raspbian を導入したうえでKodiをインストールします。

リポジトリがデフォルトで用意されていなかったり、検索すれば14.xの導入方法ばかりだったり、パケージからインストールする方法はスクリプトそのものがおかしくて導入できなかったり....

少し戸惑いました......が、kodi 15.1が無事導入できましたので書き残しておきます。


リポジトリ導入

Raspbianのリポジトリにも15.1~2のkodiのパッケージがあるのですが、apt-get でインストールできるパッケージはなぜか14.2です。15.1が確実に入れられるクローンリポジトリがあるので導入します。

以下の1行を書き加えて保存

鍵を入れる

updateとdist-upgradeしておく

KODI導入

KODI 14.xや、15.xのパッケージを入れている場合は消去したほうがいいかも

後パッケージアーカイブもクリーンにしておく

kodiインストール


KODI起動

rootで起動しないとkodiの画面上のテキストが見えなくなってしまう。

これでHDMI接続したテレビにKODIが映るはずです。

お疲れ様でした。Raspberry Pi 2でもH.265はまだ使い物になりそうにない。

 

 - Raspberry Pi , ,