wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

phpMyAdminを手動アップデートする

   

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrPin on Pinterest

Raspberry piのリポジトリから入れたphpMyadminのバージョンが古かったのでphpmyAdminのサイトから最新安定版をDLしてアップデートさせます。

確認事項

phpMyAdminのWEBサイトからインストールしたいバージョンを選んでください。基本的に最新版でいいです。

次にインストールしたいphpMyAdminのバージョンが、サーバーにインストールされているPHP・MySQLバージョンに適合しているか確認して下さい。2015/8/28現在最新安定版は phpMyAdmin 4.4.14 ですがPHP5.3以上/ MySQL 5.5 になりますこれより古いPHPやMySQLを利用している場合はPHP/ MySQLをアップデートするか古いphpMyAdminを利用することになります。


バックアップ

今回例題として以下の環境を想定します。

  • PHP5.4/ MySQL 5.5/ nginx 1.8
  • phpMyAdmin: /usr/share/phpMyAdmin
  • Raspbian

まずはサーバーストップ

次に旧phpMyAdminをリネームバックアップ

最新版phpMyAdminをダウンロードして配置 (URLはその時々の最新版とかに変えてください)

パスフレーズの設定

バージョンによってパスフレーズの設定が必要だというエラーメッセージが出る場合があります。

config.inc.phpの以下の部分を任意のパスフレーズにします

サーバー再起動


ブラウザでアクセスしてバージョン確認

ブラウザのキャッシュを削除してからphpMyAdminへアクセス→ログイン

screenshot.118

 

バージョンが最新になっているか確認しよう。ログイン後のトップページに書いてあります。

screenshot.119

設定用データベースインポート

これをやらないとphpMyadmin上で「環境設定は、現在のセッションでのみ有効です。この設定を永続的に有効にするには、phpMyAdmin 環境保管領域が必要です。」とかいうエラーが出る。環境設定が保存されないのは痛いので設定保存用のデータベースをつくろう。

データベースはphpMyAdminが用意してくれている。/usr/share/phpmyadmin/sql 内に【create_tables.sql】というファイルが有るはずなのでこれを手元にダウンロードしてphpMyAdmin上でインポートする

screenshot.120

phpMyAdmin、上書きだけじゃダメよ

バージョンごとに要求される作業は違ってくると思うので、エラーやNoticeが出たらその都度潰していくしかないです。

注意:翻訳が不十分なバージョンのphpMyAdminを使用すると、日本語環境ではgettext.phpにエラーが生じる場合があります。完全翻訳されたバージョンに置き換えるか、表示言語を英語にして運用してください。



 - Raspberry Pi, WEB