wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

WordPressの使っていない画像を最適化して容量節約する方法まとめ

   

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrPin on Pinterest

無料・格安Wordpressサービスを使っていると画像だけですごい容量圧迫してしまいます。

不要なプラグインを削除すればある程度はましになりますが、画像を最適化すればだいぶ容量を空けることが出来ます。

EWWW Image Optimizerで画像をリサイズ / 圧縮

EWWW Image Optimizerを使うことでアップロードした画像を圧縮することが出来ます。過去にアップロードしたものも含めることが出来ます。容量節約だけでなくサイト表示の高速化にも効果的です。

ただしphp関数としてexec()を制限しているwordpressサイトを利用している場合はEWWW Image Optimizerを使うことが出来ません。

私の今使っているサービスではexec()を使用することが出来ませんでしたのでこのプラグインは諦めるしかありません。残念。


 

記事に使われていない画像を一括で削除する「DNUI」

画像をアップロードすると、その画像のサムネや各縮小サイズ版もファイルも生成されます。記事には使われていないのにメディアライブラリには存在するのでWordPressの容量圧迫につながります。

使われていない画像だけを選択して削除できるプラグインが「DNUI」です。

image002-min

DNUIをインストールし、設定 -> DNUI と移動すると、自動で画像を検索し記事に使われているかをリストに示します。右上のチェックボックスを押すことで使われていない画像のみをチェックして右下のボタンで一括削除できます。というか使用されている画像はチェックできない仕組みになっています。

ただひとつ問題なのはアイキャッチとして設定した画像は「DNUI」からは使用されていないと判断される点です(2015/3/17最新バージョン)。使用されていない画像をすべてチェックしたあと、アイキャッチ画像のみチェックを外すようにしましょう。基本的には「id」欄に「original」とあるものはチェックを外しましょう。


 

アップロード前に画像を大幅圧縮して容量節約する。

記事に使う画像をWordpressにアップする前に圧縮ソフトやWEBサービスを使用して容量節約しましょう。EWWW Image Optimizerが使える方はそれを使ってもいいのですが、それが出来ない環境の人向けです。

OPTiMiZiLLA

画像をD&Dするだけで自動圧縮してくれます。JPEG / PNG対応です。JPEGの場合は品質を極力下げずに容量削減を行ってくれます。PNGの場合は色情報を削除することで容量削減を行います。どちらの場合も自分で品質の調整ができます。

複数の画像を圧縮したらzipでまとめてダウンロードできます。

image003-min

OPTiMiZiLLA:http://optimizilla.com

 

IrfanView

昔からあるソフトですが一括で画像をリサイズ / 圧縮 / 変換 / リネーム ができるので非常に便利です。

image004-min

irfanView:http://www.irfanview.com

 - Wordpress