wp.bmemo.pw

自分のための覚書・備忘録

Storj 暗号通貨

Storj を1ヶ月稼働させて気づいたことまとめ

投稿日:

Tardigrade.io として正式稼働したStorjですが、1ヶ月動かして気付いたこと、フォーラムを覗いて気付いたことを可能な限りまとめました。

1. ノードからみて Ingress は入力、Egressは出力

ノードオペレータからの視点と顧客の視点は異なります。SNO (Storage Node Operator) 視点でのデータの流れはIngress、Egressと表記されます。データがSNOに降ってくることをIngress、SNOから出力するデータをEgressとします。なお、帯域課金されるのはEgressのみです。

2. 地理的な優劣が顕著

これは、当然のことですが、提供するファイルピースは提供の先着したものに報酬が与えられる仕組みです。主なサービス地域である北米/ヨーロッパ以外のSNOは成功報酬がかなり低いです。Asia圏のサテライトも存在しますが、これはTardigrade.ioのサービス拡大次第といったところでしょうか。

3. そもそも顧客が少ない

昨年からテストでSNOとサテライトの稼働がありましたが、正式にサービスインしたのはごく最近です。顧客もかなり少ないでしょう。今までほとんどテストデータが流れ込んでいましたが、サービスインした3月はSNOに対する支払いが少なかったようです。メインで使用されているソルトレイクサテライトのVettingが頻繁にあるのに対して、ヨーロッパ、アジアなどの他のサテライトからのVettingが全く進まず現在20%程です。

4. 4月以降もテストデータの流入が続く

4月は初週はかなり少量のデータしか流入しませんでした。突然中旬から20Mbps程度のテストデータが流れ込んで、2TBに設定したディスクがあっというまにいっぱいになりました。フォーラムを見るとテストデータの入出力は継続するようです。本来であれば、顧客によるデータ入出力があるといいのですが。

5. CPUをそこそこ使う

常にデータの入出力がある(I/Oがビジーに近い)場合、CPUを結構使います。そのため、NASやRaspberry Piでは少々不利であるとForumに載っていました。

6. HDDは選ぶ

提供ストレージの99.9%がHDDを使用していると思うのですが、ここ最近台頭してきたSMR方式のHDDには注意が必要です。フォーラムにはSMR HDDを使用した場合、負荷が上昇してアップロードに失敗する現象が確認されています。活発な議論が交わされており、また今後SMRのHDDが普及してくることを考慮すると、対応してくれることを信じていますが、現状はSSDのキャッシュなど挟むことで軽減できそうです。


7. 専用ハードウェアは間違いなくペイしない

フォーラムでハードに関すること、ペイアウトに関することで頻繁でレスされるのですが、「Storjのために専用ハードウェアを構築することはやめてください。間違いなくあなたの利益になりません」とあります。実際稼働させてみると、本当にそうで、常にEgressが発生するわけでもなく(ストレージって保存する場所だから常に読み出すわけじゃないよね。レイテンシ考えたら頻繁に使うファイルはキャッシュするよなぁ)固定で収入になるのは占有ストレージ領域のみです。

Audit/Repairもpayout対象ですが頻繁には発生しないため期待しないでください。日本で出回っているHDDの1TBあたりの単価は2000円程度です。単純計算でも、Storjで1TB領域を1ヶ月維持した場合、1.5USDの報酬ですので、1年間維持してようやくペイできるレベルになります。もちろん1TBを12ヶ月維持してこの値段なので、今から始めて1年後にペイできるわけではありません。更に電気もかかってくることを考えると、専用のコンピュータ、HDDをお金をかけて用意しても簡単にはペイできなくなります。

サービスインして間もないことを考えると、やはり専用ハードを整えるより普段から24時間起動しているサーバの余剰領域を貸し出すにとどめいおいたほうが良いでしょう。

8. Nodeはアップデートが頻繁

かなり頻繁にアップデートされ、機能追加や改善が活発です。Tardigrade.ioもサービスとして生き残れるように必死だし、SNOを運用する人々も、利益先行よりもStorjの成功を願って参加している人が多い印象です。ペイアウトのルールも積極的に開示しかなりオープンな雰囲気です。

9. サービスとして生き残れるか

S3互換のストレージサービスは結構存在しています、Tardigrade.ioも破格というわけではないありません。ここより安いストレージサービスはいくつかあるんですよね・・・Backblazeとか。

一般人のHDDを提供しあうアイデアは唯一無二ですが、顧客が気にしているのは値段と使い勝手、可用性と性能です。後発サービスとして強みをアピールして顧客を増やせるか・・・顧客がふえればデータの流入も増えるはずですので、容量は過剰に増やさず静観するべきでしょう。


-Storj, 暗号通貨
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

[実験的] ブログに暗号通貨の寄付ボタンを設置しました

以前こんな記事書きました 絵師に投げ銭する方法:https://wp.bmemo.pw/1060 上記の記事でネット上の人物を支援する方法を紹介しました.これらはリアルマネーで取引したものを支援金(物 …

Storjノードを2つに増やした

約1ヶ月ちょっと運用しているStorj。もともとHDDの交換を考えていた矢先に始めたので、ちょっと大きめのHDDに交換しました。 既存のノードストレージとはマウントが異なるのと、領域の拡張ではなくノー …

StorjでHDDの空き容量を貸し出して仮想通貨を得る【コマンドライン編】

ビットコインやイーサリアムが登場してから色々なコンセプトの仮想通貨が登場しました. Storjコインもその一つです.Storjは世の中のストレージの空き容量をクラウドストレージにしてしまおうというコン …

余ったHDDを貸し出して利益を得るStorj(Beta)をセットアップして儲かるか確かめる

Storj(ストレージ)は、ユーザの余ったストレージ領域を貸し出すことにより、ユーザには格安でストレージ領域を提供し、貸し出し者には利益の一部を分配するサービス/システムの名称です。 今回は実際にHD …